NEWS01.pngNEWS01.png

STORY003.pngSTORY003.png








kixyasuto 002.pngkixyasuto 002.png


D001.pngD001.png


















sutaxtufu 0004.pngsutaxtufu 0004.png

MOVE02.pngMOVE02.png

ABOUT THE MOVIE





篠崎こころ×安城うらら主演。現代都市に潜む狂気と混乱を描く問題作

映画「NOISE」は、秋葉原で起こった連続殺傷事件をモチーフに
社会で生きる人々たちが抱える孤独や闇を描く群像劇。

主演には、講談社主催のアイドルオーディション・ミスiD2015の〈ミスiD賞受賞〉、カリスマ的人気がある、篠崎こころ。

そして、アイドルグループ「オトメブレイブ」のメンバーで、今年4月に舞台「おやすみジャックザリッパー」(博品館)で、
初舞台に挑戦した、安城うららのダブル主演。

監督を務めるのは、23歳の新人監督・松本優作。
彼は昨年自ら脚本を書いた後、クラウドファンディングにて資金を調達して制作を開始。

その後、多くの協力者を得ながら、2016年4月にクランクイン。
低予算で撮影スタッフも10人以下という規模、いわゆる自主製作映画というスタイルの作品である。

このような、低予算の自主製作映画にもかかわらず、物語の重要な役どころとして、
テレビや映画で活躍する俳優・布施博が出演している。

そして、2001年NHK朝の連続ドラマ「ちゅらさん」で、国仲涼子の夫役などで俳優と活躍し、
現在DJ・映画監督・イベントプロデューサーとして内外で活動している小橋賢児も、
劇中のアイドルグループのプロデューサー役として登場する。

映画「NOISE」は、撮影期間約ひと月。出演者四十数名、
秋葉原近辺でロケをしながら、6月下旬にクランクアップ予定。

その後編集作業を経て、海外の映画祭に出品予定。

また、海外の日本のアニメやゲームなどを紹介する大型イベントなどでのプロモーション上映など、
国内公開前に海外での上映や展開を視野に入れて、数々の施策を予定している。

国内公開は来年の4月を予定。