noise trailer






about

INTRODUCTION



高校生の時、友人が自殺した。 その事実が受け入れる事が出来ないまま、2008年、秋葉原で無差別殺傷事件が起きました。
当時16歳の私にはとても衝撃的でした。
その事件をきっかけに、これまでに起きた無差別殺傷事件を調べていくと日本に限らず世界でも、このような事件がたくさん起きており、また事件を起こした犯人のほとんどが、過去に起きた大量殺人事件あるいは暴力的な復讐を描いた映画や小説を模倣する傾向があることがわかりました。
1999年に起こった池袋通り魔殺人事件の犯人の造田は、中上健次の小説「19歳の地図」の主人公と同一化していました。造田の逮捕後に部屋からその小説の一節を書き写したメモが見つかり、この事実に強く惹き付けられました。 事件を調べていくと、様々な要因が重なり合っていることがわかり、決定的な理由がなくても、偶然の出来事の積み重ねで大きな事件へと発展してしまいます。
いったい誰が悪いのか?
事件を起こした犯人だけが悪いのか?
社会が悪いのか?
私たちに非はないと言えるのか?
メディアは事件を起こした理由を明確にしたがる傾向があります。決定的な悪を決めつける事によって、視聴者の興味をそそろうとします。しかし、それは事件を単純化する事になり本当の事件解決にはなりません。
被害者、被害者の遺族、加害者になりうるかもしれない人、その場に居合わせたかもしれない人。様々な人々の視点から映画を制作していく上で、事件の真に迫ろうとしました。
ワンカットずつ役者やスタッフと話し合い、少しずつ答えを見つけながら映画の制作を進めました。その過程で主演の一人である篠崎こころさんと出会いました。彼女は中学生の頃に様々な困難に合い、絶望の淵にいました。しかし、それでも彼女は秋葉原でアイドル活動をしながら、希望を見出そうと一生懸命生きようとしています。私はいつの間にか彼女を、私が中学生の頃自殺した友人と知らず知らずに重ね合わせてしまっていました。
自殺して亡くなった友人のためにも、彼女には生き続けてもらいたい。そんな超個人的で一方的な思いも相まって、この映画を制作しました。
事件について、まだ自分の中で明確な答えは見つかっていないですが、この映画を観て頂いた方と一緒に考えて行けたらと思っています。

 監督 / 松本優作





Photos
Photos









Photos
Photos


SYNOPSIS



秋葉原無差別殺傷事件から8年。
事件で母親を殺された地下アイドル、家出して秋葉原で生きて行こうとする女子高生、怒りを秋葉原にぶつけようとする配達員。
秋葉原を通して現代の日本が浮き彫りになる。
 母親を8年前の秋葉原無差別殺傷事件で亡くした桜田美沙。
美沙に父はやり場のない怒りから手を挙げる。
美沙は、秋葉原の地下アイドル活動に励む一方で、所属事務所が経営するJKリフレ店で働いていた。秋葉原でアイドルとして光輝くことによって、亡くなった母親にもう一度会えるのではないかと信じ、それが唯一の希望として生きる美沙。しかし、先が見えない生活に限界を感じた彼女に、やり場の無い怒りが込み上げてくる…。
高校生の里恵は父と祖父と3人で暮らしているが、母が父と離婚し家を出て行って以来、里恵は父とはほとんど会話をしておらず、里恵の生活はどんどん荒れていく。里恵の父は、秋葉原で美沙を偶然目撃し、娘の里恵と重ね合わせてしまったのか、地下アイドルのライブにのめり込む。そんな父に激しく反抗し交際相手とうまくいかない里恵も、秋葉原の街へ何かを求めて向かう…。
秋葉原の運送会社でバイトをしている大橋健はスナックに勤務している母親と二人暮らし。父親は2年前に家を突然飛び出して以来音信不通。母親の金銭トラブルに巻き込まれ健の人生の歯車が狂い始める。健は公衆電話から配達先に嫌がらせの電話をかけるが次第にエスカレートしていく。
秋葉原の街・事件を通して登場人物たちが苦悩しつつも、絶望の中から微かな希望を見出し生きようとする群像劇。






COMMENT




田辺ユウキ(映画・音楽評論、宣伝プロデューサー)


この題材は決して新鮮ではないと思います。ただ、松本優作監督には「これを作りたい」という熱意がみなぎっていました。1990年代生まれの若者感覚で描くと、どうなるのか。 そして「病み」というワードを日常的に使う世代が、地下アイドルを通して現代の「闇」に踏み込む。 本当の「地下」ってどこにあるのでしょうか。実際のところ「地下」すらも、今は「闇」にまぎれているのではないのか。 底辺すら見当たらない若者像と、無差別殺傷事件。篠崎こころさん、安城うららさんが浮かべる不機嫌な眼差しの意味を早く確かめたいです。




山田雅史(映画監督)


秋葉原のカラフルでギラギラした光が主人公の抱える暗闇を、より際立たせている。街に散らばった無数の雑音の中に何を聞くのか? 振り返った彼女らの視線の先には、いったい何があるのか? 僕はそれをスクリーンで目撃したい。





Photos
Photos

news

Get Social

cast

Photos

■篠崎こころ 桜田美沙役


アイドル、女性ファッションモデル。アイドルユニット「プティパ」は2013年9月結成し、数度のメンバー編成変更を経て、現在は篠崎こころ・真中のぞみ・日向すずの3名で都内を中心に活動。
プティパの曲は作詞を篠崎が担当している。
DJギズモではDJとして活躍中。ファッション雑誌『Zipper』専属モデル。講談社主催「ミスiD2015」にてミスiD2015賞とうしじまいい肉賞を受賞。
2015年11月には「ヤングアニマル」NEXTグラビアクイーンバトル出場





Photos

■安城うらら/山本里恵役


1994年9月2日生まれ。兵庫県出身。アイドルグループ「オトメブレイブ」のメンバー。
今年4月、銀座博品館劇場で上演された、人気マンガの舞台化作品「おやすみジャックザリッパー」で、初舞台に挑戦し今後の活動が期待されている。





Photos

■鈴木宏侑/大橋健役


1983年神戸生まれ 現在、自主映画制作中。





Photos

■仁科 貴/所長役


名優・川谷拓三の長男。1997年、『ピエタ』(ビデオタイトル『大強奪ピエタ』、北川篤也監督)でデビュー。
北野武監督、深作健太監督の作品など、映画を中心に活動した。田壮壮監督『呉清源〜極みの棋譜〜』(2007年)、 北野武監督『アキレスと亀』(2008年)、フローリアン・ガレンベルガー監督『JOHN RABE ジョン・ラーベ』(公開未定)などに出演をする。





Photos

■小橋賢児/高橋役






Photos

■布施 博/山本大役


劇団ミスタースリムカンパニー出身。1983年、TBS『ふぞろいの林檎たち』に出演し、知名度が上昇。以後、数々の人気ドラマ、バラエティー番組やCM、映画で活躍。主な出演作品に、フジテレビ『優しい時間』『北の国から』、日本テレビ『伊東家の食卓』、 TBS『ハンチョウ~神南署安積班~』『ずっとあなたが好きだった』、テレビ朝日『4姉妹探偵団』他多数。/ 代表作品日本テレビ『伊東家の食卓』フジテレビ『優しい時間』 / フジテレビ『北の国から』







staff







Photos

監督・脚本・編集/松本優作


1992年10月9日生まれ。ビジュアルアーツ専門学校大阪•放送•映画学科に入学し、映画制作を始める。
卒業制作「明日なき空を背に」は同学科2013年度奨励賞作品に選ばれ、いくつかの映画祭で上映された。
映像制作会社に入社後「彼女が彼女を愛した時」を監督し商業監督デビュー。同作がTSUTAYA月間ジャンル別レンタルランキング12位(集計期間2015年7月)にランクイン。
CSスカパー、ケーブルTV、ひかりTV、J*COM等でも放送された。
その後も映画やテレビ、CM、PVなど数々の作品に携わり、2015年7月に独立。現在はExtremeVRのチーフディレクターとして、1万人規模のライブイベントのVR配信などを担当。今作が劇場公開映画デビュー作となる。
   


『監督からのメッセージ』

はじめまして。 当ページに足を運んでいただきありがとうございます。映画『Noise』監督の松本です。
本作は無差別殺傷事件を題材に、事件が起きるまでの数日間を、加害者と被害者に成りえた者達の視点で描く群像劇です。ストーリーの大きな展開はありませんが、個々の人間たちの絡み合いを、丁寧に事実を積み重ねて描いていきます。同じ時間、同じ場所を生きる様々な人々が偶然のきっかけでぶつかり合って感情を交わし、人生を交差させる。事件の加害者、被害者に成りえた“者”たちの軌跡を見せながら現代都市に潜む狂気と混乱をあぶり出すヒューマンドラマです。登場人物たちの軌跡は時に組み合わされ、同じ時間が登場人物の視点の数だけ何度も反復されていきます。その過程で具体的には語られていない“何か”が浮かび上がります。登場人物達の独立した物語がどこかで共振し合い、 小さな音(ノイズ)を奏でていきます。この映画はそんな人々の心のノイズに耳を澄ませる映画です。





Photos

撮影監督/岸建太朗


1973 年生まれ。98年より劇作家宮沢章夫氏に師事し、演出助手に従事。
俳優として舞台やドラマ、映画(「電人ザボーガー 井口昇監督」、「USB 奥秀太朗監 督」「夢を与える WOWOW」)などに出演する傍ら、02年より映像製作を開始、自主映画やPV、ネットドラマなどを多数製作する。2010年、自ら監 督、撮影を兼任した長編映画「未来の記録」が、SKIP CITY Dシネマ国際映画祭にて長編部門にノミネート。
TamaNewWaveコンペティション部門にてグランプリを受賞。また、ハンブルグ国際映画祭、デンバー 国際映画祭、第29回トリノ映画祭“Waves”部門など、国内外問わず複数の映画祭にノミネートされる。
主な撮影監督作品は、「私たちに許された特別な時間の終わり(2013)「解放区(2014)」(東京国際映画祭スプラッシュ部門)「Passege of Life(2015)」「種をまく人テッサロニキ国際映画祭(2016)」ほか。今回は撮影監督のみならず桜田敏夫役としても出演している





Photos

音楽プロデューサー/banvox


■音楽プロデューサー/banvox Profile
東京を拠点に活動する音楽プロデューサー。2011 年より活動を開始し、翌年には英Sufer Rosa RecordsよりEPをリリースし米ダンス系配信最大手Beatportにて総合2位を獲得。
Google Android TVCMやモード学園TVCMを担当するほか、代表曲「Watch Me」はiTunes Dance Chart / Beatport Dubstep Chart / Shazam Japan Chartで1位と三冠を獲得。
またFUJI ROCK FESTIVAL、ROCK IN JAPAN、ULTRA JAPAN他国内大型フェスティバル、さらにはULTRA KOREA、ULTRA EUROPE他海外フェスティバルにも出演

主な楽曲提供作品

・映画「怒り」
2016年公開、監督李相日、主演渡辺謙
第41回トロント国際映画祭 正式出品






【 主要キャスト 】




篠崎こころ
安城うらら
鈴木宏侑
岸建太朗
來河侑希
日向すず
真中のぞみ
川連廣明
武田一人
太田信悟
川崎桜
久住翠希
小林大介
 仁科貴
小橋賢児
 布施博




【 主要スタッフ 】




【 エグゼクティブ・プロデューサー 】
辻 慶太郎 / 友安 正和 / 當山 和
【 プロデューサー 】
久保 哲哉
【 製作幹事 】
小山 徹
【 ラインプロデューサー 】
須永裕之
【 演技事務 】
森ゆかり
【 撮影 】
末松祐紀
【 助監督 】
島田雄史
【 録音 】
渡部雅人
【 スチール 】
伊藤華織
【 ヘアメイク 】
河村夏海
【 カラコレ 】
星子駿光
【 衣装コーディネイト 】
杉村友規
【 制作応援 】
松比良建太 / 比嘉一志 / 藤元明緒 / 鈴木宏侑 /
 小野田昴太
【 機材協力 】
日原進太郎
【 美術応援 】
竹内洋介
【 撮影応援 】
近藤康太郎




【 協賛・協力企業 】




講談社ミスiD事務局
専門学校 東京ビジュアルアーツ
株式会社サードウェーブデジノス
株式会社ティアック
トランセンドジャパン株式会社
大塚食品株式会社
レッドブル・ジャパン株式会社
株式会社リネアストリア
M3&Co.
三交社
株式会社ろけすた
                      




Contact

Address

東京都渋谷区代々木3-36-8 B棟
株式会社ろけすた Noise製作委員会

Telephone

[TEL] 03-6383-4725
[FAX] 03-6383-4078

Email

info@roke-suta.jp

Get Social